認知症の回避は生活習慣の見直しが大切|予防で健康維持

老人

総合的な行いが鍵です

サプリメント

認知症は食生活によって予防できますが、サプリメント使って必要な栄養素だけ摂取する方法もあります。また、それだけでなく、運動、対人、知的行動、睡眠の習慣も総合的につけることによって予防効果がより上がるとされています。

毎日を楽しく過ごす

高齢者の多くがリスクを抱えている認知症の予防方法がコチラで紹介されてます。効果的なサプリも紹介されてますので、ぜひご覧ください。

生活習慣の見直し

老人

近年、高齢化社会に伴い認知症を発症する人々も増加傾向にあります。65歳以上の高齢者の15%が認知症を発症する時代だと言われているのです。認知症には大きく分けて4つの型があります。一つ目は「アルツハイマー型」二つ目は「脳血管型」三つ目は「レビー小体型」4つ目は「前頭側頭型」です。このうち、最も多くを占めるのがアルツハイマー型認知症、次いで多いのが脳血管型認知症です。どちらも記憶障害や見当識障害などが徐々に進行し次第に日常生活を送るのに支障が出てきます。脳血管型認知症は脳梗塞や脳出血の後遺症として症状が出現してきます。このようなことから、日頃の生活習慣を見直すことで原因疾患の予防をし、それらが認知症予防にもつながっていくと考えられています。

心身の健康を維持する

認知症は脳の疾患ですが、それを予防するにはまず成人病の予防をすることが必要不可欠だと言われています。身体の老いとともに発症しやすくなる成人病を予防せずに過ごしてしまうと、その先の認知症発症のリスクも増大していしまいます。まずは生活習慣を見直し、適度な運動とバランスの取れた食事や休息をとり趣味を持ち適度な社会とのかかわりを持ち続けることが大切です。このように心身ともに健康な状態を維持することが、認知症発症を予防する大きなカギになると言えます。他には誰もが加齢と共に衰えていくであろう記憶力や計算力などを意図的に鍛えるのも効果的です。しかし何より大切なのは、それらの活動を楽しみながら行うことです。苦痛をこらえながら取り組んでいては心身ともに疲弊して悪循環となりますので、「日々を楽しみながら過ごすこと」が最も大切です。

自分で脳の健康を保つ

サプリメント

近い将来、アルツハイマー型認知症の根本的な予防治療が可能になると言われています。それが現実になるまでは、自分で脳の健康を保つことが必要です。サプリメントを利用して、脳にいい成分を摂りましょう。

行動記憶障害の特徴

老人

認知症は一時的な物忘れに留まらず、中長期的な知的活動の異常を呼ぶ深刻な症状として知られている。その予防のためには、早期の脳機能異常の発見や、生活習慣改善による血流のコントロールが主とされる。予防では認知症で最初に影響が及ぶ3つの力を鍛えたり、血流の維持や症状予防に繋がる成分摂取や習慣が肝心となる。